離婚後、友達いない街に引越しした時の心配事を解決する方法

離婚後、友達いない街に引越しした時の心配事を解決する方法

 

 

 

日本において、離婚率は年々増加しています。昔は世間体を気にして、離婚をしたこを隠す傾向にありました。しかし、最近では、離婚をした一人親家庭への支援も広がっており、離婚がそう珍しいものでもなくなりました。離婚理由も様々です。

 

 

配偶者の浮気や、配偶者からのDVやモラハラが原因という場合もあれば、性格の不一致が原因になる場合もあります。『離婚は結婚の何十倍も大変だ!』という言葉があるように、離婚は、精神的にも体力的にも大変だということです。

 

 

ただ、相手と別れたいという気持ちだけで動くと、後々大変なことになります。離婚を切り出すまでに、まずは離婚後の生活基盤を準備しておく必要があります。一番大切なのは、住む場所です。今住んでいる家が、賃貸なのか、持家なのかによっても大きく変わってきます。

 

 

賃貸であれば、簡単に引越しもできますが、持家の場合は、誰の名義かなどによっても変わってきます。自分自身が引っ越すのか、それとも相手に出ていってもらうかなど様々なパターンにおいてシュミレーションしてみましょう。

 

 

引越しをするには、もちろんお金もかかります。引越し先で、生活用品も買わなければいけません。離婚には、たくさんのお金も必要になることを考えておく必要があるのです。また、子供がいる場合には、さらにしっかりと考えておく必要があります。

 

 

引越しを伴うと、子供が転校をする必要もでてきます。子供にとっても、親の離婚によって、生活が一変します。まずは、離婚をすることで、自分のことでいっぱいいっぱいになることもあると思いますが、子供のことを中心に考えることが大事にです。

 

 

 

 

離婚によって、環境がかわることによる子供の影響を第一に考えましょう。次に大事なことはお金の問題です。離婚をする際には、財産分与でもめることがよくあります。子供がいる場合には、養育費の問題もあります。

 

 

ただ、子供と一緒に離婚をする際には、離婚後の収入についても考えておく必要があります。もちろん、離婚後は、働く必要があるでしょう。正社員で働くのか、パートとして働くかによっても収入は変わってきます。

 

 

ただ、小さい子供がいる場合は、保育園などの送り迎えや、子供が熱を出した時にお迎えが必要になったりするため、なかなかフルタイムで働くことも難しくなってきます。離婚後のことを考えて、住む場所を考えておくべきとお話しましたが、育児を手伝ってくれる人の側に住むことをおすすめします。

 

 

離婚後、友達のいない街でも幸せに住む方法

 

 

親の近くや、仲良い友達の側にいると、手伝ってもらうこともでき、精神的な安心感も得られます。しかし、実際問題、身よりがなかったり、今住んでいる場所とは全く違う場所に住まなければいけないということも考えられます。

 

 

友達いない町にすむ場合、とても心細い気持ちになるでしょう。そこで、友達いない町でも、離婚後幸せに住む方法を考えていきましょう。最初にお話をしましたが、自治体や国は、一人親家庭へ手厚い支援をしています。

 

 

住む場所に関しても、市営住宅や県営住宅などに優先して入居できることがあります。その他にも、医療費を抑えられるような政策をしている市町村もあります。また、子供の保育料や、小学校なら就学援助など、お金の面でも優遇してもらえることもあるため、まずは役所に相談しましょう。

 

 

 

 

子供が病気になった時には、病児保育にいくなどの方法もあります。市区町村で、ベビーシッターを派遣してくれるサポートもあります。このように、お金の面でも、子供の育児の面においても、知らない町でも、たくさんサポートをしてもらえる方法はあります。

 

 

全てを自分一人で抱え込まず、周りの人の力をかりながら幸せをつかみとりましょう。友達いないからと悲観はしないようにしましょう。新しい町でも、また仲の良い友達はできるものです。同じ悩みを抱えるサークルもあるでしょう。

 

 

友達のいない街なら、新しい友達を作ればいい

 

 

子供が習い事をすれば、そこで知り合ったママ友もできます。小学校や中学校での活動の中でも、知り合いはたくさんできます。どんな時にでも、前向きに、周りの助けをかりながら幸せになりましょう。周りに知り合いがいなくて、誰にも相談できない状況はよくありません。

 

 

 

 

今では、離婚も珍しくないので、隠す必要もありません。助けが必要な時には、声をあげましょう。何も恥ずかしいことではありません。友達いない町に引越した時の大事なことは、周りに助けを求めることです。

 

 

離婚をする前に離婚後を考えた時に、身内も知り合いもいなくて、離婚後の生活が想像できず不安だけでいっぱいになることもあるでしょう。もし、暴力やモラハラなどのように今後も状況が変わらず命にもかかわるような場合には、不安にならず勇気をもって離婚という選択をしましょう。

 

 

どんな場合でも、助けを求めれば答えてくれる人はたくさんいます。友達がいないのであれば、友達を作ればいいだけです。どんなつらいことがあっても、常に前向きにいることが大事です。