あり得ない理由で離婚を言い出された人たち

あり得ない理由で離婚を言い出された人たち

 

 

 

 

世の中にはいろいろな夫婦のカタチがあります。

 

 

愛し合っているから結婚するというのは

 

皆さん違いはないでしょうが、

 

離婚の場面ですと、それこそ、

 

あり得ない理由で離婚を言い出されてしまう人もいるようです。

 

 

 

 

詳しい理由も言わずに、突然、単に離婚したい言われても、

 

言われたほうがからすると離婚の理由としては

 

あり得ないですよね。

 

 

 

事情をよく聴いたら、実は新しいオンナがいたというのも

 

更にあり得ない話しです。

 

 

もちろん、不貞行為が明らかなので、

 

その場合には即離婚ということになるでしょう。

 

 

 

海外に語学留学をしたいから離婚して欲しいというのも、

 

ありえない理由ですよね。

 

一緒に生活したいからこそ結婚したはずなのに、

 

何を今更という感じです。

 

 

 

 

あまりに詮索が激しい妻に対して離婚を宣言した夫がいます。

 

飲み会に行くのでも何度もメールで所在確認などをされ、

 

まったく自由がない。

 

もちろん夫側としてはガマンをしたのですが、

 

妻にしてみたら何ら違和感のない行動なので、

 

離婚と言われてもあり得ない理由と感じるかもしれません。

 

 

 

 

他にも、本人にとってみたらあり得ないウソをついて

 

結婚していたというのもありますね。

 

家が資産家だというウソは割りと多いのかなと思います。

 

 

程度問題だと思いますが、

 

結婚すれば何不自由なく暮らしていけると思っている人からすると

 

勢いあまって離婚という結論にもなるでしょう。

 

 

 

隠し子がいたというのもあり得ない理由なので、

 

事情はどうあれ、これはもう即刻離婚届けを書くべきでしょうね。

 

 

 

新婚なのに風俗通いをしている旦那なども、

 

妻の立場としたらあり得ないですね。

 

離婚を言い出されても言い訳できない理由です。

 

 

 

離婚の理由が「相手が片親だから」というのも聞いた事があります。

 

それにしても結婚前から片親に育てられた事ぐらい

 

分かっていただろうに、今更それを言うなんてあり得ないですよね。

 

 

 

 

今の時代だったら、セックスレスを理由に

 

離婚する人も珍しくないでしょう。

 

一方からすると、そんな理由で離婚なんて

 

あり得ないと思うかもしれませんが、

 

逆の立場からすると生涯のパートナーとして

 

考える事ができない重大な事由なのでしょう。

 

 

 

精神科の通院歴があったのが分かったから

 

離婚するというはどうなのでしょう。

 

重大な症状だったら、

 

それほどあり得ない理由という訳ではなさそうです。