アスペルガー症候群の人と離婚が出来るのでしょうか?

アスペルガー症候群の人と離婚が出来るのでしょうか?

 

 

 

 

一般に協議で行われる協議離婚に対して

 

裁判上で離婚を成立させる場合があります。

 

裁判によって離婚をするには、

 

法律に要件が決められており、

 

アスペルガー症候群等の精神病にかかり

 

回復の見込みがないときにも

 

離婚が認めらる可能性があります。

 

 

 

強度の精神病といえるかどうかの

 

判断がしづらいアスペルガー症候群の方が、

 

裁判上の離婚ができるかどうかは

 

現時点では不透明な状態にあります。

 

 

 

 

アスペルガー症候群は、自閉症の一種だとされますが、

 

結婚生活に支障があって、

 

離婚の原因になるほどのものかどうかは

 

幅があるようです。

 

 

 

障害あると周囲に気付かれにくいのも

 

アスペルガー症候群の特徴だと言われます。

 

 

 

融通が利かない性格だったり、

 

無関心だったりする状態が続き

 

離婚を決意するほどだったのが、

 

実は精神上の障害だったということも実際にあります。

 

 

 

 

アスペルガー症候群は生まれついての障害ですので、

 

離婚という選択をせずに

 

一生その人に寄り添っていくという方法もあります。

 

 

 

しかし、結婚生活は日々の暮らしの連続です。

 

アスペルガーがあまりに重篤で

 

自分の精神にも影響を及ぼすようでしたら

 

離婚を考えてもいいのかもしれません。

 

 

 

 

アスペルガー症候群の人とのコミュニケーションが

 

とても難しくて離婚を考えたいという人もおりますし、

 

アスペルガー特有の兆候である

 

他人の気持ちを汲み取ることができないというでは

 

結婚生活を維持するのはかなり難しく、

 

やはり離婚という結論に至る可能性が高いです。 

 

 

 

ただ、離婚は夫婦だけの問題ではありません。

 

相手方の家族の問題もありますので、

 

アスペルガー症候群を原因として

 

離婚を相手に言い出しづらいという面も見逃せません。

 

 

 

 

そもそも、離婚という事実にたいして

 

理解ができない状態のアスペルガー症候群の方もいるようなので、

 

そうなった場合には裁判上の離婚によって

 

成立させるより方法がありません。