円満離婚は、なぜそんなに難しいのか?

円満離婚は、なぜそんなに難しいのか?

 

 

 

 

 

円満離婚」というからには、夫婦の双方が離婚をすることに

 

十分に納得して円満に手続きを進めることをいいます。

 

 

 

夫婦間の話し合いがこじれて裁判所を間に入れて

 

離婚せざるを得なくなると、これはもう円満離婚とはいえませんね。

 

 

 

家庭裁判所の調停委員を交えての離婚調停では、

 

夫婦間の問題の全てを解決できる訳ではありません。

 

調停委員という第三者が夫婦間の問題に入り込むことによって

 

円満離婚の方向に向かわないこともあるのです。

 

 

 

周囲をみてみると、なかなか円満離婚をした方を

 

見つけるのは難しいのが実情です。

 

 

 

円満離婚は、なぜ難しいのでしょうか?

 

 

 

円満離婚をするには、一定の努力が必要です。

 

当たり前のことかもしれませんが、後日の問題を残さないためにも

 

夫婦の協議で解決するのが円満離婚の秘訣です。

 

 

 

結婚によって新たに発生してしまった人間関係をリセットするには、

 

それに見合った努力は必要になってきてしまうのです。

 

それは、お互いに離婚という結論にまでなってしまった原因を

 

特定することから始まります。

 

 

これは、夫婦どちらにとっても気持ち的に辛い作業ですが、

 

円満離婚のためには避けて通ることができません。

 

この辛い作業を避けたいがために家庭裁判所の離婚調停などを

 

利用する人が多いのです。

 

 

 

裁判所を利用することにより離婚という事実は

 

残せるかもしれませんが、本当の意味での夫婦問題の解決には

 

つながらないかもしれません。

 

 

特に子供がいる夫婦間では、子供の成長のことを

 

第一に考えなければなりません。

 

離婚後の面接交流や養育費の問題など、

 

円満離婚が必要的になってくる事情が

 

夫婦二人の場合に比べて格段に多くなります。