離婚歴を消すためには、転籍が一つの方法。

離婚歴を消すためには、転籍が一つの方法。

 

 

 

 

 

離婚歴を消すために転籍という方法を使うことがあります。

 

転籍先については制限がありませんので、日本中どこでも

 

転籍によって離婚歴を戸籍から消すことが可能です。

 

 

 

ただ、戸籍の管轄が同じ市区町村内で転籍をしても

 

戸籍の事項欄が新たに作られるわけではないので

 

離婚歴は消えることになりません。

 

 

 

転籍をするときには元の戸籍の記載を転記することが

 

法律上定められていますが、離婚についての事実は

 

転記事項に含まれていないなので離婚歴は消えることになります。

 

 

 

夫の本籍に入った妻が離婚をすると一旦は親の戸籍に入ったとしても、

 

転籍ではなく分籍手続きをとることでも離婚歴を消すことが可能です。

 

 

 

分籍をすると自分だけの単独戸籍が作られるので、

 

身分事項に変動があったことが外見上分かってしまいます。

 

一般的に転籍はよくされることですが、分籍は珍しいために

 

離婚歴を疑われる結果にもなりかねません。

 

 

 

他にも、戸籍の電算化によって自治体のシステムが変わることにより

 

戸籍の改製がされる場合には転籍の手続きをすることなく

 

離婚歴は消えることになります。

 

 

 

転籍などのように、戸籍が新しく作られるときに

 

離婚歴が表面上見えなくなるのは、あくまで手続き上の

 

話しであることに注意が必要です。

 

 

 

転籍によって離婚歴が戸籍上削除されるわけではありません。

 

 

転籍によって作られた戸籍の前の戸籍を遡っていけば

 

必ず離婚歴があることはバレてしまいます。

 

あくまで現在の戸籍からは手続上見えなくなっているに過ぎないので、

 

第三者が正当理由をもって戸籍を取得した場合に知られる可能性は

 

充分にあることは知っておいたほうがいいでしょう。