私の初めての入籍と彼女の幸せを探しての再婚

私の初めての入籍と彼女の幸せを探しての再婚

 

 

 

私はしがない50歳のサラリーマンです。取り分け特技も無く得意分野らしい事もありません。若い頃は遊びまくってしまったツケが40歳の頃に起きたのです…と言っても35歳に結婚して落ち着こうとは思ったのですが無理だったみたいなんです。

 

 

35歳の結婚までは俗に言う独身貴族と言っては周りの友達、同僚、後輩達が結婚していく中私1人楽しむぞ!と言ってはキュバクラのはしご、ピンサロやヘルス、ソープランドと風俗全般を楽しむ毎日 そして先輩達、上司とのゴルフを休日にと…毎日 楽しいのなんのって

 

 

あるバツ一女性との出会い

 

 

ある日 ある飲み会で1人の女性と知り合ったんです。見た目は非常に可愛らしく周りには気を使い、かと言って目立たつ、ごく自然に振る舞う仕草が愛おしくなって来ました。しかしそれはお酒の席ですからシラフで会ったら正直分かりません。その場だけでも私を満足させてくれれば良いのですから

 

 

話を始めて小1時間もすれば皆 かなり出来上がって来てますからかなりの毒ははいておりますが彼女はセーブしてるらしく変わらず可愛らしいままでした。しかし徐々に顔が気持ちサクラ色になって来て もっと可愛くなってきたんですが…私実はバツイチで〜と話だしたんです。私と2人きりと言うか別の世界にいる様な感じで話し始めたのです。

 

 

当然 隣には友人や彼女の友達もいます。雰囲気が2人の世界になっているのです。若い時に入籍はしたのですがやはり ただ好きと言うだけで結婚した為 当然 彼の将来性も見てなかったし彼の私への想いも分からずだったので それからが大変だったと…話出すんです。

 

 

結婚しても家庭を顧みず風俗のハシゴに休日はパチンコ、競馬にと給料も若いから そんなに貰っていないのに どこから出てくるの?と言うくらいの浪費家です。ある時に車買ったからとデカイワンボックスカーに乗ってきたんですが さすがに怒ったんです…

 

 

そんな大金どこにあるの?風俗行ったりパチンコ、競馬と…で?車買うお金なんかどこにあるのよ…入籍したけど耐えられない!別れるよ と言ったそうです。パチンコで買った、競馬で取ったと言ってはいましたが眼が泳いでるのは分かります。

 

 

結局 彼はそれからもまるで変わらなかったようで離婚を少しずつ考えたようです。結局決めてとなったのが消費者金融会社からのハガキでやっと金の出方が分かったみたいなんです。かなりの借金があり別れる事にしたそうです。

 

 

離婚を乗り越え幸せを探して再婚へ

 

 

その後も金策に彼女は大変だった様なんですが やっと呪縛から解放されたので再婚してみようかな?と今回開かれると飲み会に出席しても良いかな?と自問自答して悩んだ挙句の出席だったようです。

 

 

今までの会話で 私にも感じる部分が多々あり耳が痛いくらいの話ですが彼女の事が本気で好きなってる自分がいます。どうにかしてあげたい、守ってあげたいという自分がいるんです。私の気持ちとは裏腹に彼女は再婚ですから慎重に話はするのは分かりますがお互いの気持ちがリンクしていくのは分かりました。

 

 

 

 

話は飛びますが話はトントン拍子で進み私は結婚を決意し彼女も再婚を決意し入籍する事になったのです。彼女の呪縛から解放させたくあれだけ遊びまくっていた人生を家庭一本にと頑張り 風俗もキッパリ止め、パチンコも競馬も止め休日も彼女と過ごすようにしていました。

 

 

私の先生は彼女の元旦那です!と言うくらいに反面教師として見習いました。おかげ様で子供にも恵まれ家庭円満と言う日々が続くのですが…魔が差してしまうと言うか自分が弱かったんでしょうね。

 

 

一瞬の気の迷いがすべてを駄目にする

 

 

ある日 同僚が飲み会あるから来ませんか?と話を持ち掛けられたのです。あの話から数年経っていますし私には守るべきものもあります。彼女にあんな思いをさせたくはありません。だから今まで飲み会なる物は極力さけていましたが たまには良いかな?とOKしてしまったのです。

 

 

同僚が誘った飲み会は一種の合コンで5対5の席だったのです。自尊心はありましたがお酒が進むにつれ昔の感覚が蘇ってきて話している彼女に夢中になってく自分が目覚めて来たのですが私にはまるで分かっていません。もう家庭の事は忘れて どの様に物にするかを考え始めていたんですね…

 

 

結局 その子とは共に一夜を過ごしてしまったんです。何故自分が帰らかったのか?どうして潰れる位 お酒を呑んだのか?と妻には問われましたが日頃のストレスと言い逃れるのですが一夜を過ごした彼女からは連絡が入るのです。

 

 

不必要な着信があったりメールが来たりで ある日妻にバレてしまうのです。当然 トラウマだったので激怒し家から飛び出してしまったのです。取り敢えず手当たり次第に探し平謝りし許して貰ったのですが一夜限りの彼女はまだ連絡してくるのです。

 

 

 

 

馬鹿でクズの私のせいでまた不幸にしてしまう

 

 

妻には誤り許して貰いましたが それから数度 会ってしまったのです。仕事で遅くなると言い彼女の元に行き楽しい時間を共にするのですがバレてしまうのです。上着のポケットにライターが…ホテルの名入りの奴が入っていたのがバレてしまい妻が見つけて何も言わず出て行ってしまったのです。

 

 

あれだけトラウマになり幸せな家庭を見つける為に再婚したのにまた裏切られて そうするしかなかったのでしょう。また取り敢えずは探し出しましたが もう正直 取り合ってくれません。5年続いた結婚生活は私がした愚かな浮気心からまいてしまったんですから…

 

 

本当に申し訳なかった。あれから10年経ちました…バカだったな〜俺。