離婚を一方的に告げられたときのショックは想像もできないほど!?

離婚を一方的に告げられたときのショックは想像もできないほど!?

離婚, 一方的

 

 

 

 

一方的に告げられる離婚ほどショックなことはない

 

 

ある日突然、離婚を一方的に告げられることは

 

珍しくないのかもしれません。

 

一方的に離婚を告げられたと感じということは、

 

それまで相手の感情の変化に気付いていなかった

 

という事の表れでもありますね。

 

 

 

感情の変化に薄々感づいていたら、

 

いよいよ離婚を切り出されたなと思うだけで、

 

一方的という感じにはなりにくいです。

 

驚きはしますよね、

 

一方的に離婚を告げられた側は。

 

今までの生活の清算とか

 

今後の生活のこと等で頭がいっぱいになるでしょう。

 

 

 

 

しかし、一方的に離婚を告げた側は、

 

もちろん気持ちの準備が万端なので

 

今後の生活のことは計算済みです。

 

したがって気持ちに余裕があります。

 

 

 

この気持ちの差を生んでしまうのが、

 

一方的な離婚ということになります。

 

 

 

もちろん一方的な離婚を防ぐには

 

結婚生活をしている間から、

 

感情の交流を密にしていないといけません。

 

 

 

離婚をするぐらいのなので、

 

お互いを思いやる感情を持つことは

 

もはや期待出来ないかもしれませんが、

 

相手のとる行動にアンテナを張っておくことで

 

一方的な離婚に気付くことができるでしょう。

 

 

 

一方的に離婚を告げられた側は、慌てないことが大切です。

 

慌てたところでどうにかなるものではありませんし、

 

その狼狽ぶりが余計に相手の気持ちを奪ってしまうかもしれません。

 

 

 

 

離婚という重大な事実を一方的に言ってくるには、

 

必ず理由があるはずなんですね。

 

お互いの話し合いもしていないということは、

 

相手の一時の感情の高まりがそうさせたのかもしれません。

 

 

落ち着いてよく話し合うことでしか、

 

事態は解決の方向に向かわないと思います。