どうしても受け入れられない気持ちになる離婚とは?

どうしても受け入れられない気持ちになる離婚とは?

 

 

 

 

相手から離婚をしたいと突然言われても、

 

自分に思い当たること節がないときなどは

 

離婚は受け入れられない気持ちになります。

 

 

 

気持ち的に離婚を受け入れられないときには、

 

まずは友人に相談するんでしょうね。

 

親にはなかなか言い出せないと思います。

 

 

 

 

友人も一緒に離婚について

 

受け入れられないという気持ちを共有してくれると、

 

少しは気持ちが収まるかもしれません。

 

 

 

 

そもそも、受け入れられない離婚という状態になってしまうのって、

 

そこに至るまでの話し合いがない場合もあるでしょうね。

 

それまで疑問に感じていることを解決しながら、

 

それでも離婚に向かうというのであれえば、

 

受け入れられない離婚ということにはならないでしょう。

 

 

 

 

話し合いがあったとしても、

 

浮気相手に子供が出来たなどというような、

 

絶対に承諾出来ない理由で離婚してくれと言われても、

 

そんな離婚は受け入れられないという気持ちになるのは当然です。

 

 

 

 

ただ、受け入れられないという気持ちを

 

他の何かで埋めてくれれば

 

離婚という事実も認められるのかもしれません。

 

 

 

 

その受け入れられない気持ちを埋めてくれる物が

 

今後の生活に困ることがないほどのお金であれば、

 

相手に高額の慰謝料を要求したりということも考えられます。

 

 

 

 

また、離婚を言われた自分にも

 

実は新しい相手が既にいる場合などは、

 

受け入れられないという気持ちには

 

ならないかもしれませんね。

 

 

 

 

いずれにしろ、離婚を受け入れられないという状態では

 

何も前に進みません。

 

気持ちの問題なので、それを解消するには

 

その気持ちを柔らかくするような

 

話し合いを持つ機会が必要です。