幸せな離婚マニュアル~二度の離婚から私が学んだこと~

離婚の方法〜簡単だからこその注意点〜

 

 

 

 

離婚の方法には、協議離婚調停離婚裁判離婚といっ

 

た方法が挙げられます。

 

 

 

今回の記事では、主に協議離婚の方法について書いてい

 

きます。

 

 

 

 

協議離婚は、夫婦間で話し合いを行った上で、合意して

 

離婚に臨むという、一番簡単な方法になります。

 

合意さえ出来ていれば、あとは官公庁に書類を提出する

 

だけです。

 

 

 

 

しかし、簡単な方法ゆえに大事な決めごとをしないまま

 

で離婚の手続きを行ってしまうケースが非常に多いのです。

 

 

 

 

また、夫婦間に未成年の子どもがいる場合、離婚の際に

 

親権者を決めないと離婚することが出来ません。

 

早く離婚したいからといって、適当にどちらが親権を持

 

つかを離婚届に記入して提出してしまうパターンも見受

 

けられますが、それは決してお勧め出来ません。

 

 

 

 

 

離婚届が受理されたあとに、親権者を家庭裁判所の許可

 

を得て変更する方法がありますが、数ヶ月の期間が必要

 

になります。離婚した後は、簡単に親権を変更すること

 

は出来ないのです。協議離婚という方法を取った際に、

 

気をつけるべき点と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

この方法で離婚する前に決めておくべき事項として挙げ

 

られるのが、養育費、財産分与、慰謝料、親権者・監護

 

者、面談費用、婚姻費用になります。

 

 

 

これらは離婚する際の親権者の決定とは違い、協議離婚

 

の方法そのものには関係がありません。

 

 

 

 

しかし協議離婚が簡単な方法だけに、これらの決めごと

 

をしておかないと、離婚した後のトラブルの原因となる

 

ことを頭に入れておいたほうがいいでしょう。


離婚の話

私が離婚したいと思った時は結婚して15年を経過したころでした。夫が世間で言われる大手企業に勤めていることで生活もそれなりに満足していましたし、これからもその生活は続くのだろうと思っていました。専業主婦となり、子育てをし、贅沢は出来なくても、...

離婚 原因

私は離婚経験者です。やはり出来ることなら、過去に離婚したことはあまり話したくはないし、思い出したくもなく、恥ずかしく思っているのが正直な気持ちです。でもそんな経験が、少しでも、今この時にも離婚問題で悩んでいる方々のお役に立てれば幸いに思いま...