離婚もクーリングオフしたい?

離婚もクーリングオフしたい?

 

 

 

 

 

クーリングオフとは、契約などの申し込みしてしまったとしても

 

後から撤回が出来る制度です。

 

 

 

離婚についてもクーリングオフの適用はあるのでしょうか。

 

 

 

インターネットで溢れているたくさんの情報よりも

 

正確な知識を身につけて欲しいものです。

 

 

クーリングオフは一般の契約を対象にした特例です。

 

離婚は身分に関する行為なので同様に考えることが

 

出来るかどうかです。

 

 

 

結論からいえば、離婚についてクーリングオフということは出来ません。

 

 

一旦届け出た離婚届けは有効に受理されても

 

クーリングオフを使えば撤回できるなどは誤りの情報です。

 

インターネット上には、離婚届を出しても六ヶ月間は

 

クーリングオフで撤回できるといった情報があるのも困ったものです。

 

 

 

まず、結婚や離婚などの身分に関する行為は

 

当事者の意思が重んじられる場面です。

 

クーリングオフの対象となる契約とはそもそも趣旨が異なるのです。

 

 

 

またクーリングオフは、契約についての弱者保護のための制度。

 

離婚については弱者保護の要請などは必要がないので

 

もちろん適用されません。

 

 

 

離婚の意思にについて、無効な事由があれば離婚無効の訴えなりますし、

 

詐欺などで取り消すことは法律が予定していることなので可能です。

 

 

ただ、それはクーリングオフとは全く異なります。

 

 

 

女性の場合は、離婚しても六ヶ月間再婚出来ない期間があることを捉えて

 

クーリングオフ期間と呼んだりすることもあるようです。

 

この期間についても離婚の撤回ができるといった意味ではもちろんなく、

 

クーリングオフとは何の関係もありません。