離婚したことを会社に伝えるのは大変な気苦労がある

離婚したことを会社に伝えるのは大変な気苦労がある

Creative Company Conference 2011Creative Company Conference 2011 / Sebastiaan ter Burg

 

 

 

 

離婚をしたことを会社に教えるのは

 

ちょっと気が引けるといいますか、

 

なるべく内緒にはしておきたいですよね。

 

 

 

しかし、社会保険などの

 

公的な処理の関係もあるので、

 

離婚したことを会社に秘密にしておくというわけにもいきません。

 

 

 

会社によっては、男性が離婚をすると

 

出世に影響するから離婚しない

 

という人もいるぐらい、

 

会社との関係は大問題です。

 

 

 

男性の場合には、

 

離婚しても苗字が変わらない人が多いので、

 

自分から言わないかぎりバレないのかもしれません。

 

 

 

その点、女性は旧姓を名乗り続ける離婚を選択しない限りは

 

苗字が変わってしまいます。

 

誰も本人には直接言ってこないでしょうけど、

 

あっというまに離婚したことが会社中に広まってしまいます。

 

 

 

会社によっては、会社の中での呼称を

 

旧姓にしてくれるところもあるようですね。

 

戸籍上の氏名は旧姓に戻っているけれど、

 

会社の中で使用する氏名は離婚前のものであれば、

 

外見上はまったく気付かれません。

 

 

 

会社の中では、その人が誰だか特定出来れば問題ないわけですから、

 

離婚によって苗字がどう変わったかなどは

 

仕事上は意味がないですしね。

 

 

 

 

それにしても、結婚の時には喜んで

 

同僚たちに報告をしたりしますが、

 

離婚の時はバレるまで秘密にしておく人が多いんでしょうね。

 

やっぱり、会社に居づらくなりますものね。

 

 

 

そうはいっても、周りにバツイチの人が多かったりすると事情は一変します。

 

バツイチの仲間に新しく加わった仲間のような感覚です。

 

離婚によって会社に居やすくなる珍しいケースです。

 

 

 

離婚率が上がっている今の社会では、

 

ある意味こういった離婚に好意的な会社は

 

珍しくなくなるのかもしれません。